歌のメロディーを覚える時に、ピアノを自分で弾きながら音を覚えようとする方もいらっしゃると思います。

しかし可能ならば、メロディーを単音のみで弾くのではなく、コードも同時に弾きながら音を覚えるようにしましょう。

何故なら、メロディーの微妙な高低は、コードの種類によって様々に変化するからです。

例えば、「ドレミ」というメロディーがあった時、このメロディーを「Cメジャー」で弾く場合と「Aマイナー」で弾く場合とでは、雰囲気が全然違うということが分かると思います。

メロディーに対するハモりを練習する場合も同じく、コードを鳴らしながら練習するようにして下さい。

単音で音とりしてる限り、永遠に綺麗にハモることはできません。