和音聴音は「和音を当て」と呼ばれることがありますが、この言い方はあまりお勧め致しません。

和音というものは、クイズのように「当てる」ものではなく、「聴けば分かる」ものだからです。

洋服や帽子、靴やカーテンを見れば何色か分かるように、和音も聴けば分かるのです。

人間の耳とは不思議なもので、当てるという予想が入ってしまうと、鳴っていない音まで鳴っているように聴こえ、鳴っている音が聴こえなくなってしまうようです。

最初から沢山の和音を覚える必要はありませんから、まずは鳴っている和音を「ありのままに」聴くことが大切です。

たとえ間違っても落胆せず、「ああ、この和音はこういう響きなんだな」と素直に聴き直せば良いのです。

そのうち自信をもって「聴けば分かる」という境地に達することができるでしょう。