このページは生徒さんインタビューシリーズ。第2回目は会社員のTさんにお越しいただきました。Tさん、どうぞよろしくお願いします。


Tさんは、この教室をどうやって探したんですか。

ネットで検索したんです。たしか「音感」「トレーニング」「新宿」とかいうキーワードを入れて…。

それで、ハーモニングミュージックスクールのホームページにたどり着いたんですね。

はい。それで、エンヤとかカーペンターズとかの音楽が純正律だと書かれていて、確かに他の音楽と何か違うなと思って。あと、「耳をひらいて心まで」という本も探して読んでみました。それで内容に凄く納得して、これはレッスンを受けてみようと思ったんです。

実際にレッスンを受けてみてどうでしたか?

「ハモる」という感覚が初めて分かるようになりました。和音にハモりながら音程を取るという感覚がちょっと分かって来たからか、カラオケの点数も上がりました(笑)

どれくらいの点数でしたか?

この間、アナと雪の女王の「Let it go」で89点が出ました!

凄いじゃないですか。

いや~、まぐれかもしれないですけど(笑)

そんなことないと思いますよ。Tさん、最初に来た時と比べると格段に上手くなりましたもん。ビックリするくらい(笑)

ありがとうございます。でも、他の人からも、「歌が上手くなったね~」って言われました。

Tさんは毎週レッスンにいらっしゃるので、変化が著しかったですね。それからTさんは音楽に対する予備知識とかがなかったのて、逆にそれが良かったんだと思います。感覚から素直に入っていったんでしょうね。

でも、レッスンを続けるうちにだんだん音楽が面白くなってきて、逆に楽典とかの勉強したくなってきました。

レッスンでも時々、楽典的なことを質問されますもんね。誰かから強要されるときっと嫌だと思うんですか、自分から興味を持って勉強しようと思ったというのは本当に素晴らしいと思いますよ。

ありがとうございます。

ところで、もしこの教室を誰かに薦めるとしてら、どんな人にお勧めしたいですか?

音楽を始めようとする人は誰でも。伸びるのが早くなると思うので。それから、音程を外したのを自分でも気が付けないような人、一般的なボイトレを受けてる人にもお薦めです。

Tさんもボイストレーニングのレッスンと平行して通われていますよね。歌が上手くなるためには発声ももちろん大切ですが、音感トレーニングで耳をひらくと更に進歩が早くなると思います。

そうだと思います。

ありがとうございました。

コンテンツフッターハ-ナー